Javascript STAR

被験者実験のデータ分析に重宝する。

田中 敏さんの「実践心理データ解析」を読んで、実験計画の立て方や解釈の仕方について十分な理解をしたうえで使うことをお勧めする。

クイック・データアナリシス―10秒でできる実践データ解析法
田中 敏 中野 博幸
新曜社
売り上げランキング: 115651
おすすめ度の平均: 5.0
5 データ分析に悩む学生や教師などへ
5 データ整理と分析に悩む学生や教師に

実行例

1要因被験者間計画。15人を3群に分けて某実験。群間の平均に有意差があるか?

http://www.kisnet.or.jp/nappa/software/star/puma/as.htm

1行に5人ずつデータを。 本当は各群について10人以上のデータを集めるべき。

やりたいことを整理して、最初は「Q&A方式」で使うとよい。

As
 SNR
 3
 5 5 5
 94.7 90.7 94.7 94.7 96.0
 86.7 80.0 88.0 62.7 84.0
 86.7 92.0 81.3 84.0 84.0

実行結果。有意差がなければ多重比較検定に進まない。

この例では有意差があったので多重比較検定に進む。

http://snow.shinshu-u.ac.jp/~surcle/spss/2_2/post_hoc.html

の LSD と HSD の説明によれば Tukey HSD のほうがより有意差が出にくい手法とのこと。

今回は「A1 > A2」に p < 0.05 の危険率で有意差。他の群間の有意差は棄却。

[ As-Type Design ]

 == Mean & S.D. ( SD=sqr(V/n) ) ==

  A= SNR
------------------------------------------------
A	N		Mean		S.D.
------------------------------------------------
1	5	   94.1600	    1.8018	
2	5	   80.2800	    9.2064	
3	5	   85.6000	    3.6271	
------------------------------------------------

 == Analysis of Variance ==

 S.V        SS        df        MS        F
------------------------------------------------
  A        490.3840    2      245.1920   5.82  *
 Sub       505.8000   12       42.1500
------------------------------------------------
Total      996.1840   14   +p<.10 *p<.05 **p<.01

 == Multiple Comparisons by LSD ==

 (MSe=      42.1500, * p<.05)
  A1  >  A2   *     (LSD=       8.9464)
  A1  =  A3  n.s.   (LSD=       8.9464)
  A2  =  A3  n.s.   (LSD=       8.9464)


 == Multiple Comparisons by HSD ==

 (MSe=      42.1500, * p<.05)
  A1  >  A2   *     (HSD=       8.9455)
  A1  =  A3  n.s.   (HSD=       8.9455)
  A2  =  A3  n.s.   (HSD=       8.9455)
------------------------------------------------

 _/_/_/ Analyzed by JavaScript-STAR _/_/_/

javascript-star.txt · 最終更新: 2010/01/31 00:00 (外部編集)
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0