group

Linux における group の扱いなど。

コマンド

gpasswd : グループの操作。パスワード、メンバー、管理者を設定できる

vigr : vipw と同じようなコマンドで /etc/group を操作する

id : ユーザがどのグループに属しているかを確認できる

newgrp : 現在の実ユーザIDを変更する。グループのパスワードが設定されていれば要求される

sg (-c) : su/sudo のように使える(?)コマンド

grpck : /etc/{group,gshadow} のチェックをする

あるユーザをあるグループに補助グループとして追加する

sudo gpasswd -a ${USERNAME} ${GROUPNAME}
あるいは
sudo usermod -a --group ${GROUPNAME} ${USERNAME}

gvfs-fuse で sshfs などを使うためにユーザを fuse グループに属させる必要があると言われている。

Ubuntu のデフォルトグループ設定

gvfs-fuse というパッケージの挙動が気になるのでいろいろ調べている。

以下、導入したパッケージに依存するかも知れない。

Ubuntu はアップグレードするときに group id を付け替えるのだろうか??

Vine Linux 4.2 における 10x 番の /etc/groups

users:x:100:
postfix:x:101:
postdrop:x:102:

Ubuntu 9.04 の場合

users:x:100:
libuuid:x:101:
syslog:x:102:
klog:x:103:
scanner:x:104:
nvram:x:105:
fuse:x:106:
ssl-cert:x:107:
lpadmin:x:108:
crontab:x:109:

Ubuntu 9.10 の場合

users:x:100:
libuuid:x:101:
syslog:x:102:
fuse:x:103:
lpadmin:x:104:
ssl-cert:x:105:
messagebus:x:106:
crontab:x:107:
mlocate:x:108:
ssh:x:109:

Ubuntu 10.04 だと fuse は 104 番になっている。。。

users:x:100:
libuuid:x:101:
syslog:x:102:
klog:x:103:
fuse:x:104:
ssl-cert:x:105:
lpadmin:x:106:
crontab:x:107:
mlocate:x:108:
ssh:x:109:

group.txt · 最終更新: 2010/05/04 00:00 (外部編集)
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0